ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2011.01.20 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2006.10.28 Saturday

着付けってすごい!!!!

成人式に向けてDONNAのスタッフ(全員ではないのですが…)は、勉強熱心??かどうかわからないですけど、一応、着物に必要なモノの名前を覚えます。
特に男性陣は着付けの方が出来ないのでイメージしにくいのが現実なんです。
だから、お客様の質問に1つでも多くお答えできればと思い講習を受けております。

その風景がこんな感じです。
振袖、訪問着、着付け、成人式、アップ
私は最初は正座してましたけど、あ、足が…痛い…
って感じでいつの間にか女の子座りになってました。別名オカマ座りとも言いますけど(笑

かわいく帯結び中、振袖、訪問着、着付け、成人式、アップ
モデルは真美ヶ丘店の高瀬さんにしてもらいました。お疲れさんです。
多分、流派によったりとか着付けしてくれる人の感性によって違いはあると思いますけどこんな感じが若い子向けであったり、大人向けであったり、着崩れたらこんな感じになりますとかのLESSONしてくれました。その写真はないんです。申し訳ないです。
すごく興味をもったのがヘアと着付け(特に帯が)って案外共通した考え方で創作されることだったことですね。とっても勉強になりました。
先生ありがとうございました。

一応、全店舗共通ではないのですが振袖の用意して欲しいものを書きます。
着物、帯、長襦袢、草履、バック、重ね襟、帯揚げ、帯〆、帯枕、前板、後板、衿芯、和服肌着、裾よけ、足袋、腰紐4本、伊達〆2本、タオル3枚、おしぼりタオル1枚
(飾り紐、和装ブラジャー、腰パット)
()のものはあれば綺麗にしやすいみたいです。あと、タオルは普通のタオルでいいみたいですスポーツタオルみたいな大きいのではない方がいいみたいです。
以上のものがお持ちではない場合は、事前にお知らせいただければこちらで準備(販売)いたします。

注意
用意するものに困りましたら必ず担当する店舗にお電話下さい。着付けしてくれる先生によって用意するものが多少代わりますのでご了承くださいませ。

くもりわとうくもり
2006.10.19 Thursday

まじめに美容話

久しぶりに????美容師らしい話しますね。

パーマ液は世の中にたくさんあります。ほんとに数え切れないでしょうね。
その中でも薬剤の成分として還元剤がパーマ液には必要なものです。
従来、チオグリコール酸がパーマ液の王冠2王道王冠2を渡ってきました。
でも、強いカールは作りやすいけど髪の毛には負担が強く、使い方にもよるんですが…、痛みが生じやすくなります。
そこでひらめき、はやりがシスティンです。これは何がいいのかと言うと痛みが少なく、チオでかけたパーマは硬い質感だったのが柔らかい質感でパーマがあてることが可能になりました。これを聞いたら、それじゃぁ〜シスでパーマしてくれたらいいじゃない。と思う人もいると思います。シスの欠点はクリクリのカール、ボリュームをよく出したい人はなかなかシスではできないのです。
そしてここ最近よく名前がでてきた還元剤でチオグリセリンシステアミンラクトンチオールがパーマの常識を変えようとしています。
チオグリセリンはチオのカール感にシスの柔らかい質感を手に入れた還元剤です。
すごいじゃんびっくり
システアミンはシスであてたときのダメージよりもさらに軽減して痛みにくくカール感が柔らかく出ます。
これまたすごいじゃんびっくり
ラクトンチール(スピエラ)はシスのカール感よりきれいにでて、痛みが最小限にできます。
えっ、これも…ひやひや
驚きですが全部いいんですよ。
でもね、これで『この液でやって!!』とお客様が判断するのはとても難しいことですバッドバッドバッド
薬液はスタイルとお客様の髪質によって変わります。ぜんぜん傷んでいない人にヘアに優しい液を使ったとしたらぜんぜんパーマがかからないこともあります。逆にクリクリにしたいひとが絶対にチオグリコール酸やチオグリセリンを使うわけではありません。痛みによってはそれ以外の薬液を使わないといけないのです。
薬事法が改正(詳しく知らないんですけど…冷や汗)されてから海外で使われた薬剤やいままで使えなかった薬剤も使えるようになりました。そこで、美容師たちや美容師ではなく研究者たちが考えて作り上げてここ最近さらにパーマ液の新商品が増えてきました。新しいのは従来の欠点をなくして逆に長所をのばすしてますからねぇ〜。美容師さんも時代の波にのっていかないととり残らされてしまいます。ファッション、技術だけではなく薬液の知識も時代を見ていかないとつらい思いをするんです。
とほほ、休む暇なんかないですね。

くもりwatouくもり
2006.08.27 Sunday

DONNA勉強会 トリートメントの巻

トリートメントに配合されている成分

・コラーゲンPPT・・・分子量2000。髪のダメージ部分の内部浸透しやすく保湿性能が高い。また、ドライヤーの熱で髪の表面に薄い膜を形成する
・アミノ酸ポリマー・・・分子量4000高保湿性ポリマー。べたつかず、しっとりすべすべとした感触を与える。
・カチオン化大豆タンパク・・・分子量600。プラスに帯電しているため、カラーへアのダメージ部分に吸着・補修しやすい。
・大豆タンパクPPT・・・大豆から得られる分子量600のケラチンPPT.マトリックス部分に吸着してダメージを補修する。
・植物性ファイバー・・・髪の表面に柔軟な皮膜をつくる高分子皮膜形成剤。
・フルーツ酸・・・穏やかな収れん作用を持つフルーツ由来の酸
・PCA−Na・・・髪に柔軟性と弾力をあたえる保湿剤。

・複合カチオン固定剤・・・植物性ファイバーと同化し柔軟な皮膜を形成するカチオン複合体。
・メドウフォームオイル・・・キューティクルに薄く均一に吸着しツヤとなめらかさを与える植物性オイル。
・カチオンポリマー・・・柔軟で補修作用の高い皮膜をつくる皮膜形成剤。
・アミノ酸系界面活性剤・・・洗浄力がマイルドで染料の流失を柳える。
・カチオン化セルロース・・・柔軟な皮膜をつくり、指通りよくする。
・アミノポリマー・・・ダメージヘアーのキューティクルに吸着し柔軟ですべりの良い皮膜をつくるカチオン性ポリマー。
・グリセリン・・・毛髪内部の水分バランスを整え柔軟な手触りを与える。
・尿素・・・分子量60.保湿、柔軟性に優れ硬い髪を柔らかくなめらかにする。
・パンテノール・・・保湿効果の高い中分子ビタミンの一種で水と結合して保水効果を持続する。
・アセチルシステイン・・・髪の分子構造を緩めて、まっすぐにする還元剤。空気酸化により分子構造を再び固定する。
・塩基性アミノ酸・・・プラスに帯電したアミノ酸。カラーへアのダメージを補修し、染料の流出を柳える。
・スレオニン・・・別名トレオニン。髪に比較的多く含まれているアミノ酸。パーマで失われやすい。
・プロモアP・・・ケラチンPPTに近いアミノ酸組成のコムギ由来の植物性タンパク(分子量2500〜5000)。髪のダメージ部に浸透・同化して高い補修効果がある。
・カチオン化オリゴ糖・・・植物性オリゴ糖をカチオン化した天然由来保湿成分(分子量25000〜50000)複数のプラスイオンを持っているのがダメージヘアへの吸着性が高く、髪に柔らかさを与える。
・構造形成アミノ酸(グリシン、グルタミン酸etc)・・・ダメージ部を補修し髪に弾力性を与えるアミノ酸郡。
・柔軟固定剤(ステアルトリモニウムクロリド、ベヘントリモニウムクロリド)・・・植物性ファイバーと同化結合し、水に溶けにくいしなやかで弾力のある被膜を形成。
・グルタミン酸ポリマー
・・・分子量数十万のアミノ酸ポリマーの一種。ダメージヘアにうるおいを与え、なめらかに整える。

メール山本めぐみメール
2006.08.25 Friday

ピカイチ賞

旭ヶ丘店です楽しい

今回の王冠2ピカイチ賞王冠2
ダンサー姉妹のこの2人決定
見て下さい。このコーンロウ可愛すぎる揺れるハート
    down
ドンナ、縮毛矯正、巻き髪、エクステ、デジタルパーマ、美容室、奈良、香芝、大和高田、新大宮、美容院、ブレーズ

注目してください。このブレーズ、カッコ良すぎるびっくり
    down
ドンナ、縮毛矯正、巻き髪、エクステ、デジタルパーマ、美容室、奈良、香芝、大和高田、新大宮、美容院、ブレーズ

輝いてますよね。2人揃えば誰もがうっとりみとれるダンサー姉妹になっちゃいました。
ドンナ、縮毛矯正、巻き髪、エクステ、デジタルパーマ、美容室、奈良、香芝、大和高田、新大宮、美容院、ブレーズ、コーンロウ
コーンロウは13本、ブレードは26本入れました。他に2人ともバックにケラチンエクステをメッシュに数本入れました。
コーンロウは1本1050円、ブレーズ(エクステナイロン込み)1本840円
ケラチンエクステ1本420円でしましたvv。

今度のピカイチ賞はあなたかもしれない
2006.08.23 Wednesday

DONNA勉強会 毛髪理論の巻

毛髪理論はいろいろなことが言われていて、自分自身が学び面白いと思ったことをまとめてみました。
まずは、髪の基本知識を簡単に、、、誰もが知っていることなので特にと思いましたがやっぱり基本なので!!
髪構造は3層と言われていますが本当は4層?!
きのこオレンジキューティクル
役目…ツヤ、毛触り、接着、保護
キューティクル《毛表皮》には
・エピキューティクル(ケラチンタンパク質、シスチン少 ←もっとも硬く半透明
・A−層(ケラチンタンパク質、シスチン多)
・エキソキューティクル(ケラチンタンパク質、シスチンやや多)←賛成および塩基性アミノ酸が一番多く水膨潤性(親水性)が高い
・エンドキューティクル(ケラチンタンパク質、シスチン少)
・inner-layer(ケラチンタンパク質、シスチンやや少)
CMC(cell membrane complex)…キューティクルとコルテックスを接着している層
・セラミド、コレステロール、リン脂質を主成分とする脂質などがキューティクルとコルテックスを接着
きのこレッドコルテックス
役目…強度、保水、髪色、接着
・ フィブリル…αケラチンタンパク質(結晶性、親水性)
・ マトリックス…γケラチンタンパク質(非晶性、疎水性)
          間充物質      水素結合が弱い
・ NMP
・ メラニン色素…ユーメラニン(褐色)、フェオメラニン(赤色、黄色)
きのこオレンジメデュラ(髄質)
非ケラチンタンパク質(酸性アミノ酸が多い)
髪の細い人はない人もいる。
きのこレッド皮脂膜
3層を囲む脂質主成分の膜←この膜がないと髪のアクアバランスが崩れ、紫外線や物理的損傷を受けやすくなります。

おはな髪の構成 4大要素
1位 タンパク質80〜85%(内ケラチンタンパク80〜90%)
2位 水分   11〜13% 
3位 脂質orメラニン色素
    1〜4%     3%

髪を数値で表すと…
   ◎性別や年齢などにより本数、太さに差はありますが
本数…約10万本
毛周期…《男性》3〜5年  《女性》4〜6年
太さ…平均0.06〜0.15弌    塢當面咫0.075〜0.085
      (0.08弌      《硬毛》0.1舒幣
                《軟毛》0.06〜0.07
一日の成長…0.3仭宛
脱毛本数…50〜100本(季節によって異なる)
ヒフへの固着力…40〜60g
引張強度…120〜180g
水分量…11〜13g

髪が最も安定したphを“等電点”といい、髪は電気的にを+、−もっていて髪に浸した溶液によってどちらにもふる
※等電点…ph5.0~6.0  弱酸性

子供谷村千恵美子供
2006.08.20 Sunday

DONNA勉強会 パーマの巻

○髪質、髪の状態とパーマの関係について
日本人の髪質には、太い細い,硬い軟らかい、直毛とクセ毛、あるいは、撥水性と吸水性など、いくつかの点で個人差があります。パーマのかかりぐあいに関しては、撥水性か吸水性かが大きく影響してきます。撥水性毛はパーマ剤をはじきやすい為作用しにくい、吸水性毛は浸透しやすく作用しやすい、という事が言えます。構造的に見ると、撥水性毛の方が吸水性毛よりキューティクルが密になっているという特徴があります。
また太い髪の場合、キューティクルの層が厚く、細い髪よりもパーマ剤が浸透しにくいという特徴があります。数字で見ると、日本人の直毛の場合、平均的な太さは0,08弌太い人で0,12个らいあります。したがって、約1,5倍の太さになります。
ところで欧米人の毛髪は日本人の毛質と比べると細くて軟らかいのが特徴です。
どのくらい細いのかというと、日本人の8割程度の細さです。日本人の平均的な髪の太さは0,08个任垢ら、欧米人の太さは0,06仭宛紊砲覆蠅泙后2な匿佑虜戮て軟らかい髪はパーマがかかりやすそうに思えますが、欧米人の場合は当てはまりません。
欧米人の場合日本人に比べキューティクルの層が繊密で厚いため、パーマ剤が毛髪内部に浸透する事が妨げられると考えられています。それには、還元剤やアルカリ剤などの化学薬品に対する抵抗性が非常に高く物理的にも科学的にも大きな影響を及ぼすCMC(細胞膜複合対)が関係しているのではないのかといわれています。CMCとは簡単にいえばキューティクルの間を埋める接着剤のような働きをしており、パーマ剤の浸透を妨げるのです。そのため、パーマがかかりにくくなるのです。次に髪の痛み具合とパーマのかかり具合についていえば確かにパーマやカラーを何度か施術した髪は、何も科学的処理をしていない髪よりもパーマはかかりやすくなります。
それは、パーマ剤やカラー剤などの薬剤によってウロコ状のキューティクルが開いたり、損傷や欠落によってすき間があいたりして、パーマ剤が髪内部に浸透しやすくなるからです。ただし、薬剤が浸透しやすい分、髪内部の間充物質もシャンプーなどの際に外部に流れ出やすい状態になっています。それでパーマのもちが悪くなるのです。
パーマ剤は髪内部の間充物質に作用して、ウェーブやカールをつくり、その形を維持します。その間充物質がシャンプーの度ごとに少しずつ外に流れでてしまえば、パーマが作用していり成分がなくなってしまうわけですから、パーマのもちが悪くなるという事になります。また、ストレートパーマや縮毛矯正を施術した髪にはウェーブパーマがかかりにくくなります。その理由として、まず一つには、ストレート剤や縮毛矯正剤によっては、髪に皮膜をつくることでクセを矯正する種類のものがあります。したがってその皮膜がパーマ剤の浸透を妨げて作用しにくくなる事が考えられます。
また、アイロンを使用する縮毛矯正においては、アイロンはおよそ180度まで温度があがる機能になっています。髪をアイロンでプレスする場合は、1カ所で約2秒間、過度の圧力をかけないなどの注意事項があります。それ以上あてたままにしておくと、髪が高温によりタンパク変性を引き起こしてしまい、髪内部のたんぱく質が本来持っている性質まで変わってしまう事があります。このように、本来パーマ剤の作用すべきタンパク質が変性してしまう事が原因で、パーマがかかりづらくなるといい事があります。

植物川畑信也植物
2006.08.17 Thursday

どうですか?

かわいいUPしっちゃたので皆様にみてもらおうと思い、書いちゃいました。
デジタルパーマを全体にかけまして、部分部分にホットコテパーマをいれ、あいだあいだに間引き(空間を作る技術)をしました。
そのあとにエクステつけちゃいましたラブ

バック、ハーフアップ、パーティ、結婚式、美容室サロン

それで大切な友達の結婚式があるので花嫁ばりにきれいにアップしました。でもそんなにUPセットした感じしないでしょ。天気もいい日できれいに長持ちしましたよ。

donna、香芝、高田、真美ヶ丘、新大宮、旭ヶ丘

くもりwatouくもり
2006.08.10 Thursday

DONNA勉強会  ☆カラーの巻★

今回はカラーで少し疑問に思ったことをQ and A 方式でまとめてみました。
Q1子供日本人は黒髪って言うけど黒髪って!!?
A、、、
実際の日本人の髪は濃い赤褐色(赤味のBR)なのです。黒髪ではありません。髪の色はどうやって決まるのでしょうか?それはメラニンという色素があります。黒髪に多い赤褐色の『ユウメラニン』と明るい髪色に多い『フェオメラニン』の2種類があります。日本人はこのユウメラニンの占める割合が多いので黒っぽく見えます。この2つのメラニンの比率で色と明るさが違います。だから『日本人の黒髪』と言うわけではなく、黒髪からブロンドまで幅広い髪の色になる可能性を持っているのです。だから黒いもの人はブリーチで抜いても色が残って外人みたいになりにくいのね

Q2アートカラーの種類って!!?
A、、、
一時染毛剤の主成分は顔料、種類はカラースプレーなど、特徴はシャンプーで落ちる、簡単など、分類は化粧品
半永久染毛剤の主成分は酸性染料、種類はヘアマニキュア、特徴は色鮮やかである、分類は化粧品
永久染毛剤の主成分は2つあり1つが植物性、種類はヘナ、特徴は染まりガmildでうすい分類は化粧品
もう1つの主成分は酸化染料、種類はアルカリカラー(弱アルカリ)と弱酸性カラー(トリートメントとか)、アルカリカラーは特徴は明るくなり色数が多い、弱酸性カラーは風合いが良くなる、明るくならない、分類は医薬部外品

☆一時染毛剤はシャンプーで落ちる★
★半永久染毛剤は髪の表面を染めて、永久染毛剤は髪の芯まで染める。だからダメージもなく髪の芯まで染まるヘナが人気なのは納得!!!☆
☆弱酸性タイプのヘアカラーは美容室だけ!!!★
★Home colorだとうまく分けれないところをサロンカラーだと髪の状態によりけり使い分けれるのもサロンならでわ☆

Q3おばけカラーの色は時間がたつととれるのはなぜゆえ…
A、、、
カラーは髪のなかにはいった染料がつながって発色することで色が見えます。
でも…カラー直後から染料同士のつながりは少しずつ自然に壊されてしまい、色味も失われます。これを褪色というものです。
けどどうして染料は壊せれてしまうのでしょう?
キューティクルが傷むとタンパク質が流れてしまうように染料も流れてしまいます。毎日のシャンプーをはじめ、紫外線やドライヤーの熱、プールの塩素など、日常の様々な要因で染料は壊されてしまうのです。だから必然的にダメージが進めばカラーの褪色は進むのです。だからトリートメントはむちゃくちゃ大切なのです。パーマやカラーの色味によって褪色具合とかかわるけどまず念入りのケアがカラーの持ちを左右させます。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

毛髪が自然に持っている色は、黒、 赤、 茶、 金髪など民族、人種によって、さまざまですが、すべてこれ毛髪中に存在するメラニン色素の多少、存在等によって、異なります。しかしその毛髪の色調を変えるための一番簡単な方法は、このメラニン色素を脱色することであり又染毛に関しても特に黒系の髪はまずこれを脱色しなければ、染毛効果はありません。このメラニンは毛髪中では皮質、ズイ中に存在し毛表皮中にありません。又単に色素だけが存在するのではなくて、メラノプロテインと呼ばれるタンパク質と結合した色素顆粒として存在しています。このメラニンを脱色するには還元脱色と酸化脱色の2つの方法があります。還元というのはたびたび述べているように水素を与える反応(又は酸素をとる反応)であり、酸化というのは酸素を与える反応(又は水素をうばいとる反応)です。従って還元脱色というのは還元剤のハイドロサルファイト(亞硫酸系)や、ビタミンCと呼ばれるアスコルビン酸が用いられ、コールド液に使用するチオグリコール酸も還元剤ですからメラニンを還元脱色する場合もあります。しかし還元脱色は、脱色効果が弱いので一般には酸化脱色が用いられています。
酸化脱色には過酸化水素と尿素の結合した過酸化尿素が使用されますが、このものは、水に溶かせば過酸化水素を放出するので結果的には同じことです。この過酸化水素はアルカリ性で酸化力が弱いので使用時にはアンモニア水を加えてその効果を強くしています。ところが過酸化水素はメラニンを破壊するだけでなく、ケラチンも破壊してしまいます。大体3%以上でケラチンの主鎖のポリペプタイトの繋がりを切断します。このことはケラチンをもともとのアミノ酸にしてしまうことです。全部が全部切断するわけではありませんが、少なくしても分子の大きさ小さくなり可溶性が高まって来ます。
又同時に側鎖結合のシスチン結合も酸化切断され、この切断された形は還元切断と違ってけしてもとのシスチン結合に戻りません。そこで毛髪は非常に弱くなって傷んできて特にアルカリに対する可溶性も高まるので、こういう毛をコールド液につけるとすぐベタベタに溶けてしてしまいます。こうしたケラチンに対する強い破壊作用のため、未処理と、脱色毛との間にはアミノ酸形成に大きな差がでて来ます。
脱色はかなりのアミノ酸が流出してしまいます。これを防ぐためにアメリカのFLESHという人の実験では過酸化水素処理後pH12〜3の酸(クエン酸1〜2%)で処理するとかなりケラチンの崩壊流出を防ぐことが出来るといわれています。このように脱色するには際して使った過酸化水素は脱色ご水流ししてもなかなか毛から取り除くことが出来ません。特にアルカリ性のままの状態で放置すると次第に皮質ケラチンの崩壊が起こってます。毛が傷んできます。従って脱色後は必ずクエン酸リンスを実行することが必要です。但し過酸化水素を使用。あまり強い酸リンスは褪色を促進しますので別な方法ですることが必要です。一般に使用される過酸化水素は、水の中のH2Oの濃度を重量%で表しています。
色には、『色相(hueヒュー)』『明度(valueバリュー)』『彩度(chromaクロマ』がありこれを『色の三属性』と いいます。色を科学的に捉える上で基本となる要素であり、色を見分ける上でも大きな役割を果たします。色はさらに、赤-青-黄などの色みのある
『有彩色』と白、黒、灰色の色味のない『無彩色』に分けられます。有彩色である赤や橙などの色みの違いを『色相』色の持つ明るさ暗さを『明度』と呼んでいます。色の強さや弱さを『彩度』と呼んでいます。また色みの明度、彩度の違いが生じてきます。たとえば、鮮やかさで、強い純色の赤に白が加わると優しいピンク色になり反対に黒が加わると暗く濃いエンジ色に変わるのは、明度と彩度の変化によるものです。このように色調は配色の調和を考える上で重要です。
光の三原色は、赤、緑、青紫です。光の三原色を等分に混合すると、明るくなっていって、白色光になります。これを『加法混色』といいます。一方、絵具、塗料、印刷インク、ヘアカラー剤など色料の三原色はマゼンタ(赤紫)イエロー(黄)シアン(青緑)ですが、これらの色を混合していくと次第にいろは暗くなり黒に近付きます。これを『減法混色』言います。ヘアカラー剤も混色によって色のバリエーションがつくられますが、色料は混色すればするほど明度が低くなり、暗くなっていくことを再認識して下さい。2色以上の色を並べて、新しい色の効果を生み出すことを『配色』といいます。私達は色を見ているとき単色で見ているのではなく、必ず周囲の色と一緒に見ています。周囲の色と調和しているかで、その色は美しく見えたりみえなかったりします。従って色を他の色と組み合わせた時、そこに調和感がなければ、その色の持つ良さが失われてしまいます。色彩調和の中には大きく分けると『色相配色』と『色調配色』による調和とがあります。これを使った配色で調和感を求めるのは、まず『純一感』を考えなければなりません。色と色の間に『共通性』や『類技性』があるとまとまりがでます。単調ならないように色相を統一した場合は、色調で。色調で統一した場合は色相で変化をつけます。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

髪をカラリングするうえで大きく影響していくメラニン色素!!
メラニン色素とは→(チロシン)というアミノ酸から作られ、米粒のような形長径0.8〜1.8ミクロン1短径0.3〜0.4ミクロンほどの有害な紫外線から頭皮や身体を保護する働きをするもの
メラニン色素はいったい髪の内にどれぐらいあるのか?
         ↓
髪全体の約3%を占めているにすぎない!!
3%のメラニン色素が髪を黒く店0%に近づくと髪は白く見える。白髪でも本当の真っ白な白髪は少なく、微量のメラニン色素が存在し少し黄味があります。かなりブリーチしてもペールイエローに見えるのもまだメラニン色素が存在しているからです。

髪色を明るくするには
        →メラニン色素を分解
※メラニンを分解するにはカラー剤は毛髪を浸透して働くことになります。
                     浸透する上で問題となるのがキューティクル!!
キューティクルの性質…アルカリ性になると〈膨潤して開く〉
           酸性になると〈閉じる〉      という性質
一般的なアルカリカラー剤はこの性質を利用し、アルカリ剤でキューティクルを開き、毛髪内部に向かってカラー剤を浸透させていく

キューティクルの枚数は日本人の場合5〜6枚、まれに8〜10枚ある人もいます。キューティクルの枚数が増えれば、カラー剤の浸透性も低下し、施術時間がかかったり、思ったより明るくならなかったりするケースが起きたりします。ダメージ等などでその反対に枚数が少なくなると浸透性が高く短時間で明度が上がったりする。

※髪色はメラニン色素の種類と量で違います。
   メラニン色素の種類や量は先祖代々が生活してきた地域に由来し遺伝的に決められている。
紫外線の影響が強く受けやすい赤道付近の地域では紫外線から人体を守るためにメラニン色素が多くなり、髪色も肌も濃くなっている。
反対に紫外線の影響を受けにくい高緯度の人種になるとメラニン色素の量も少なく、髪色も肌も薄くなります。

メラニン色素―ユウメラニン(赤褐色の色味)…多い、黒髪
      フェオメラニン(オレンジ〜イエロー)…多い、ブロンド

※ブリーチすることで髪は明るくなりますがメラニン色素はどうなったのか?
ブリーチ剤《発色を伴わずブリーチだけ行うもの》
アルカリ剤+過酸化水素
     ↓反応
酸化作用が起き→メラニン分解
◎ブリーチ剤
機▲薀ぅ肇縫鵐亜蔽色剤)…毛髪中のメラニン色素を分解、髪を明るく染める
供▲屮蝓璽船僖Ε澄次蔽染剤)…毛髪中で酸化重合した酸化染料を分解取り除く《暗く染まったヘアカラーを明るくするケースで用いる》
※脱染剤使用後はよくすすぐか、シャンプーでよく流す脱染剤が髪に残留しているとヘアカラーの発色が弱くなったり、発色しないケースがあるので注意を

ブリーチによって分解されたメラニン色素は分解されることで小さくなりさらにアルカリ性で水に溶けやすくなり、変化したメラニン色素は開いているキューティクルから溶出され、水に溶けて流されます。
メラニン色素は分解されていく行程で
濃い赤褐色→薄い赤褐色→オレンジ味→黄色味と変化していく
アルカリ、弱アルカリカラーの染毛メカニズム
〈1剤〉
界面活性剤――――――――――――――――――    右斜め下
        浸透
                               〈2剤〉   
ブリーチ(脱色) メラニン色素分解          過酸化水素
アルカリ剤――――――――――――――――――    next      (酸化剤)
  (毛髪を膨潤させ酸化剤の働きを助ける)      

     発色(酸化発色、分子巨大化、酸化重合)
酸化染料―――――――――――――――――――    右斜め上
(酸化重合することで発色する染料
 有効成分として54種類の染料が認められている)

◎酸化重合……樟楡料…染料粒子単体で発色
      中間体…色ベースとなる染料、酸化重合で発色
      カプラ…中間体と結合して発色、単体では色味はない。

◎毛髪が染まるということは小さな分子が毛髪組織に浸透して酸化剤の働きをもうけ毛髪の内部で酸化発色し、不溶性の大きな分子〈有色染料〉となって毛髪ケラチンと結合すること

カラー剤におけるアルカリ剤と酸化染料の配合バランス
・ アルカリ剤と酸化染料の配合バランスがアルカリカラーにおいてはレベル〈明度〉よって違ってくる。レベルが高くなるほどアルカリ剤の割合が多くなり酸化染料の割合が少なくなる。
アルカリ剤が多く含まれるということはそれだけ過酸化水素との反応が高まり酸化力が強まりメラニン色素をより分解しより明るくなっていく!!
ということは高いレベルのカラー剤は発色される量が少ないのでその分髪は明るくならない。

《ヘアカラーの分類》
ヘアカラー剤にはアルカリタイプ、弱アルカリ性、中世、弱酸性タイプといったPHの異なるカラー剤があります。
PHの違い→ブリーチ力の違い
2剤含まれている過酸化水素は水+酸化で出来ていて非常に不安定な成分。これがアルカリと出会うことまで急激に水と酸素に分解に分解され、爆発的な酸化力を生み出す
酸化力=ブリーチ力となります!!
よって酸化や中性領域のもと過酸化水素と出会っても爆発的な酸化力は生み出しません。→PHが低いほど酸化力が弱まる=ブリーチ力低下

しかし、どのPHも染料が発色するぐらいの酸化はするのでPHが弱いものほど明度を上げる力は弱まり、発色だけをしていくということになります。
トーンアップするにはペーハーの基準だけではからずアルカリの配合量とのことも考えなければいけない!!アルカリ剤が多いほどブリーチ力は高まる

ヘアカラーは毎日のヘアケア、汗、水、紫外線etcによって褪色します。カラーの放置時間が短く浸透が十分でないと褪色が早まる傾向があります!パーマなどに含まれる還元剤やアルカリ剤の影響でも褪色していきます。
染料の中でも直接染料は日常のシャンプーで落ちやすい。酸化重合して発色した染料も時間とともに分解していき、それが変色や褪色につながります。
現段階で褪色を完全になくすことは不可能です!!
        down
だから少しでも褪色を抑えるため、ダメージを出来るだけ抑えていくことが大切になる

どういうことが必要か?
  残留アルカリを取り除きPHを施術前に状態にすばやく戻すことが最も重要!!アルカリカラー後はカラーの影響で大変高くなっています。PHが中性以上の状態になっていると、間充物質の流出、毛髪タンパク質の軟化、キューティクルの雨季や剥離などが起き、髪の強度低下、水分量の低下につながる

すばやく等電点(5.5〜6.0)に戻すサロンのアフターケアだけではなくホームケアでのシャンプーコンディショナーも重要で弱酸性のものを使うことが大切。
PHを下げることが良いからといいPHの低すぎるもので急激にPHを下げていくと収れん作用を招いたり染料によっては変色を起こすので気をつけもしょう
  褪色やダメージを抑えるために必要なのは、後処理での間充物質の補給です。染料の定着をよくし、髪本来の素材へと近づけていく

ヘアカラーには一色で塗るだけではなく、ウィービングやスライシングなどのデザインをつくるカラーもあります。
そこで必要になってくるのは色の特徴、性質も必要になるかと思います。
色の特徴としては
色とは黒と白、その他赤、青、黄の(色の三原色)からすべて出来ている
  (無彩色)   (有彩色)
〈明度のみをもつ〉 〈明度、色味、彩度の色の三属性をもつ〉

色相環の反対側に位置した色同士は補色の関係にあり、お互いの色味を打ち消しあいます
※色の混色は減法混色といい、混ざれば混ざるほど色の三属性を失い黒にちかづいてしまう!!

デザインカラーをする上で色の対比が特に重要になってきます。
色の対比には
◎明度の対比…周囲の色によっては実際の色より明るく見えたり暗く見えたり、本来の色味の“明度”が変化して見える。
◎彩度対比…周囲の色によって鮮やかに見えたり、弱く鈍って見えたり、本来の“彩度”と異なって見える
◎色相対比…周囲の色によって実際よりも違った“色味”に見える
◎面積対比…同じ色でも面積の大小によって印象は変化する
      明るい色→面積が大きくなると明るく感じる
      暗い色→面積が大きくなるとより暗く見える
☆ 色の明度が低く暗くなるほど重く硬く感じる。これらの暗い色は実際よりも小さく引き締まりを感じるため〈収縮色〉という
☆ 明るい色は暖色、寒色問わず、優しく穏やかで軽そうに見える。明度の高い色は実際より大きく広く感じてしますので〈膨張色〉という
収縮色は後退して見え〈後退色〉という。膨張色は進出し前に出ている感じがするので〈進出色〉ともいう。
☆ 色が他の色に囲まれている場合、その影響で内側の色の周りの色につがづいて見えることを〈同化現象〉といいます。
Ex)オクラのネットが緑にすればオクラが鮮やかな色に見える
☆ 色がはっきり見えるか見えにくいかを“視認性”といい、明度のコントラストが強いほど視認性が強い
☆ 彩度の高い赤は興奮色で刺激的であるとともに明度が低いが注意力も高める。特異性のある色なので“注意価値”と呼んでいる。寒色系などは注意価値が低い。

いやぁ〜
カラーって
本当に楽しいですね。よつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバー
2006.07.19 Wednesday

ライン、コーンロゥ〜

バリアートは幾何学的で複雑な模様を描く刈り込みヘア

バリアートとはバリカン(もしくはクリッパーやトリマー)を使用して、ボウズ頭に模様を描いたスタイル。その模様がアート的なデザインから、造語として名付けられました。そのバリアートはバリカンで簡単な模様や文字を刈り込むまでに進化しています。デザイン的には、TATOOやボディーアートのデザインをサンプルにして利用させている場合が多いようです。ベースを生かした毛髪の黒いライン、もしくは刈り込んだ頭皮の白いラインを強調した表現方法があります。


モデルはB−boyの清水君でした。協力ありがと


コーンロウは超個性的で斬新な編み込みヘア
コーンロウとは、頭皮に密着させながら毛髪を編みこんだスタイルで、言葉の語源は(とうもろこしの粒の配列)です。つまり、編みこみの模様がとうもろこしを彷佛させる形状をしているので、そこからその由来がきています。ドレッドと同様に、本来は黒人の縮毛をまとめるために、工夫を凝らして編みこんだのがコーンロウの始まり。黒人の毛髪がのびたアフロヘアをまとめる方法として太い束状のドレッドにしたり、編みこんでコーンロウやブレイズにすることが多かったようです。今ではB系やJポップなどのミュージシャンやダンサーの定番スタイルとして注目され、さらにはストリートヘアの一種として日本の若者にも定着しています。


男前、山口にぃやんがモデルでした。協力ありがと

みなさん夏のデザインはいろいろあって開放的でいいですよね。夏休みやお盆休みで挑戦してみてはどうですか?
でもコーンロウ、バリアートは予約した方がいいですよ。何時間かかるかわかりませんのでよろしくお願いします。

スタイリストWATOUでした
2006.06.07 Wednesday

DONNA 勉強会

こんにちはDONNAはお客様のきれい、をモットーに常に勉強をしています。月1回、真美ヶ丘、高田、新大宮、下田、旭ヶ丘メンバーが集まり自分たちで調べてもらい、講師、教授気分でDONNAスタッフに発表、講習してもらうレッスンがありましす。その極一部をお客様にお見せします。



1、 ヘアサイクル
成長期(2年〜4年)→退化期(1〜1.5ヶ月)→休止期(4〜5ヶ月)→発生期

2、 毛髪の寿命
毛髪はある時期延び続けると自然に抜けます。…毛の寿命
寿命は身体の健康や生活の状況によって変わる。
頭毛…男性4〜5年  女性…5〜6年   眉毛、まつ毛…3〜5ヶ月

3、 毛髪の伸張速度は1日平均
頭毛0.3mm〜0.4mm
ひげ0.38mm

4、 自然脱毛
私たちの頭毛は全部で約10万本〜12万本ですが、それぞれ異なるサイクルを持っています。一方で抜け、また一方では生えて、全体として大体同じ程度に保っています。このように抜けると毛が自然脱毛します。1日の自然脱毛は約60本です。

5、 毛に良い食品
大豆、のり、鮭、秋刀魚、マグロ(赤み)、鶏肉、レバー(鳥)、卵、脱脂粉乳、チーズ、牛肉、緑葉野菜(ほうれん草、レタス、セロリ、パセリ)、にんじん、かぼちゃ、豆乳、コンブ類、豆類、貝類、小魚類(鰯、えび、かに)など

6、 毛に悪い食品
   刺激物など

7、 異常脱毛
原因…ダイエット、変色、ビタミン、ミネラル不足(栄養障害)
内分泌障害…男性の若はげは、男性ホルモンが強い
血行障害…毛に栄養運搬をしている毛細血管は自律神経の影響を受け拡大、     収縮。
※ いらいら、ストレスは抜け毛のもと
※ 頭皮の圧縮も血行を阻害し脱毛を増やします

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

美容院でのパーマの不満点順位(2003年シュワルツコフ調べ)
時間がかかる。52%
料金がかかる。51%
髪が傷む。49%
スタイルが再現できない。39%
パーマ液の臭いが嫌。35%
すぐ取れやすい。23%
頭皮がしみる。19%
手入れがしにくい。18%
ウエーブが綺麗に出ない。17%
ウエーブが強くかかる。9%

上の順位からも髪の毛が傷んでいると、手入れがしにくくなったり、サロンのスタイルが自宅で再現できない等の不満の原因になりやすく、髪の色も退色等しやすく思ったとおりの色が出なかったりします。そのためにも、トリートメントで髪の補修が必要です。

髪の毛は毛表皮、毛皮質、毛髄質にわかれており分子量の数の少ないものほど髪の奥の方へ入っていく性質があります。そのため、トリートメントは、分子量の大きさより、働きかける箇所が異なります。毛表皮は分子量が1200以上の高分子セラミドやヒアルロン酸、シルク、プロテイン等髪の浅い部分に働きかけて毛髪構造の補修と質感をサポートします。
毛表皮は分子量が600〜1200の中分子パンテノールやトレハロース等髪の中間部に働きかけ保湿成分を補充し、質感コントロールのサポートをします。
毛随質は分子量が600以下の低分子アミノ酸やPCA−Na等が髪の深部(中心の空洞部、人間の骨の部分)にまで働きかけ毛髪全体の構造を補修します。
 
<主な主成分>
セラミド
…皮質細胞間キューティクル間の結合力を強め、うるおいを閉じ込めて質感コントロールを助ける。 
トレハロース
…サトウキビから得れるオリゴ糖をカチオン化したもの。髪への吸着性が高く、中間部までしっかり浸透し、髪の芯からしっかりしっとりとうるおいを与え、ハネ、広がりを抑える。
ヒアルロン酸
…湿度に左右されることなく、保湿性を一定に保つ特性がある。髪の浅部に浸透し、潤いとなめらかさを与え、まとめやすくする。
シルクプロテイン
…髪への吸着性や浸透性にすぐれ、髪の浅部に適度なうるおいとタンパク質を補うことでふんわりと動きを出しやすくする。

ここで注意!!!
トリートメントやシャンプーのなかには、アルコール成分が入っているものがあります。これらのトリートメント等を使用するとパーマのウエーブがあるお客様等ウエーブが伸びてしまうことがあります。
なぜ???
アルコール成分が入っている、トリートメントは髪の表面や内部の水分をとばしてしまう為システィン結合や水素結合を分解してしまうためパーマが取れやすくなったりします。
毛髄質は、髪のハリやコシを与える部分(人間で言う骨格)
毛皮質は、髪のうるおいやしなやかさお与える部分(人間で言うと肉の部分)
毛表皮は、髪のツヤや手ぐしの良さを与える部分(人間で言うと皮の部分)


   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<中間処理のケラチン塗布でハリを出す>
前処理(油分)
…ダメージのある毛先のみを油分で保護します。根元〜中間に付けるとパーマのかかりが悪くなるので注意が必要です。
 ↓
中間処理(低〜高分子ケラチン、PPT、アルカリ中和剤、アルカリ除去剤)
…ハリを出すためにケラチンを塗布します。キューティクルが膨潤しているので効果的に内部補充と保湿が出来ます。
 ↓
後処理(臭素酸タイプのパーマ2剤、アルカリ除去剤)
…ロードアウト後、臭素酸タイプのパーマ剤をつけます。ダメージの進行を防ぐにはシスチン結合を完全に戻すことが重要。 

<毛先のチリつきは前処理で予防する>
前処理(低分子ケラチンPPT、高分子ケラチンPPT、シルクPPT)
…低分子と高分子のケラチンを補うことで毛髪にハリとコシを与えます。ダメージや毛先のチリつきを防止できます
 ↓
中間処理(アルカリ中和剤)
…パーマ剤をしっかり反応させるためにアルカリ中和剤でphコントロールをします。ウェーブ定着と持ちに大きくかかわるので中和はとても大切です
 ↓
後処理(キトサン)
…ウェーブの持ちをよくするためにキトサン主体の処理剤を使います。内部補充と徐々に弱酸性に傾ける効果があるのでダメージ予防にも効果を発揮します。

<後処理で頭皮の鎮静効果を狙う>
前処理(低〜高分子ケラチンPPT、低〜高分子コラーゲンPPT)
…リッジを出すためにケラチンとコラーゲンで内部の補強をします。ケラチンは水分に反応すると内部で高分子化するタイプだと手軽に使えます
 ↓
中間処理(アルカリ中和剤)
…アルカリに傾いた毛髪を弱酸性に戻すために中間処理は欠かせません。また頭皮が敏感な方には代わりに作用が穏やかな食用酢を使うことがあります。
 ↓
後処理(ヘマチン)
…鎮静効果のあるヘマチンでパーマ剤の影響を受けた頭皮をケアします。またヘマチンにはアルカリ中和と匂いをマスキングする効果も狙えます。

<質感アップはカチオン性ポリマーが有効>
前処理(低〜高分子ケラチンPPT、コラーゲンPPT、セラミド)
…ケラチンで針を出し、キューティクルに強度を持たせます。コラーゲンとセラミドで毛髪内部に油分と水分を補います。
 ↓
中間処理(カチオン性ポリマー、アルカリ中和剤)
…吸着性に優れたカチオン性ポリマーで被膜を形成し、質感を高めます。コラーゲンとの相性がよいので効果が持続します。匂いのマスキングする効果も同時に得られるのもポイント。 

<中間処理のCMC塗布で毛髪内部を補強する>
前処理(卵殻膜ケラチン)
…ダメージ欠落したシスチン結合を補強するために卵殻膜ケラチンを補います。ウェーブ形成を助けるために有効。
 ↓
中間処理(CMC、セラミド)
…パーマの1剤の作用で流した内部の接着効果を高め、セラミドで内部流出を防ぎます。仕上がりが柔らかい質感になります。
 ↓
後処理(アルカリ中和剤、キトサン)
…最後に被膜形成力のあるキトサンで毛髪表面のコーティング。中間処理で補充したものが流出しにくくなり、キューティクルも補強します

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

これはほんとに一部の内容ですがみんな一生懸命努力してるんですよモグモグ
DONNAはどんどんよくなっていきますのでこれからもよろしくお願いします。

チョキ和藤正弥でした。


Powered by
30days Album
PR