ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ヘアカラーでオシャレをするには・・・ | main | デジタルパーマ スタイル案1 >>
2011.01.20 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2005.11.16 Wednesday

トリートメントでする縮毛矯正

皆さんこんにちは奈良県の美容院DONNAです花

ドンナがこだわり続けている縮毛矯正
についてかたらせてくださいね。

まず何が違うのかということですが
やり方、薬液、考え方、すべて違うといっても過言じゃないです。

内容を簡単に言うと

トリートメントでする縮毛矯正

ストレートアイロンを使わない縮毛矯正

捻転毛の方もまっすぐにできる縮毛矯正
「捻転毛とはくせはないのに広がるという髪質です」

ドンナの縮毛矯正は半年〜1年間持つといわれる方がほとんどです。

プロの美容師ですら本当ですかとびっくりされています???
実際、美容師や美容室に講習をさせてもらう場合があるぐらいです。


今までドンナを設立するまで
納得のいく縮毛矯正に出会えなかったのが事の始まりです悲しい

業界でも有名な店で働いていたので縮毛矯正もメニューにありましたし
薬液も一流(資生堂・ミルボン・ウェラ等)をづらりと扱ってましたが・・(^_^.)

それでも納得がいかず試行錯誤してました。

もちろんくせ毛で最初にする場合や、
初めて縮毛矯正をする方はキレイになるんですよ

Mrハビ○ト、リシ○などほとんどの縮毛矯正もまっすぐになるのですが、

不自然なのです。

それと
髪の毛の傷みが施術するごとにひどくなってくる
のです

それがどうしても納得がいかなかったのです・・・

そこで出会ったのが今の薬液です。

まずパーマ液を使用しないで
特殊コラーゲンでつくられているという事

これは考え方にも繋がりますが、暴言を吐く

と今まではストレートアイロンを上手く使えれば、
薬液は関係なかったのです(汗

髪の毛が乾くときにキューティクルを閉じる瞬間いかに
キレイに熱処理で再結合さすのか、
形状記憶さすことが大事だったのです(ちょっとややこしいです(^_^.)

だからほとんどの縮毛矯正をされた人は
ストレートアイロンが上手な人を指名
したのじゃないでしょうか???

ドンナでの質問で多いのも
アイロンを使用しないと持ちが悪いんじゃないでしょうか?

これも普通のパーマと同じで最初不自然なぐらいまっすぐにすることにより
1,2週間〜もつ人で1ヶ月ぐらい
不自然を我慢することでその分(不自然だった期間)
パーマや縮毛矯正が長持ちすることになります。

ドンナでも前髪だけアイロンを入れることが多いのも事実ですよ^^

理論としてはドンナの縮毛矯正は髪の毛のくせを伸ばすのじゃなく
髪の毛に栄養を与え

1本1本を太らせることでくせの結合をなくします。
なのでストレートアイロンは必要ありませんグッド

あとアイロンは180度の熱を髪に加えるので髪が傷みます、
それと髪の毛1本は丸い円柱のような形がベストなので
アイロンでプレスすることにより髪がペッタンコになり
両端が亀裂し損傷の原因になります、
なのでストレートアイロンは希望者以外しません。

だから普通、美容師に聞いてもアイロンを使用せず
縮毛矯正でキレイにするやり方は知らないですし、
ストレートアイロンのデメリットを教えてくれるわけがありません
マル秘で暗黙の了解になっています。

そうするとなぜ他の美容院はしないのか?
まず知らない
それとこのメーカーは各市町村、
前までは各都道府県で限られたところにしか導入していません。

経験と知識がない美容師が使用すると
綺麗にならないからメーカー側が美容室を選ぶのです。

それと経営者を悩ませる1番の原因
高い、
コストが高いの
です。
従来のパーマ液(原価で)の倍以上!!!

いまだに東京の原宿・大阪の梅田の美容室では
5万円カット別料金をいただいているメニューです。

東京のサロンは縮毛矯正と呼んでません☆

それをドンナでは
18900円(S.B.C込み)です(・e・)


ぜひドンナにツルツルさらさらに縮毛矯正をしに来て下さい。

くせ毛じゃない方も大歓迎です!!!

あなたにお会いできるのを楽しみにしています^^






2011.01.20 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR